当社の製品は乾式シリカを主成分として、

卓越した保温性能を備えているマイクロポ

ーラス断熱材です。

ユニコーンナノマイクロポーラス断熱方案の利点

ナノマイクロポーラス断熱材は高温断熱に最適な材料です。 この材料は、高度な技術と高い経済的利点を備えており、非常に優れた断熱性能を得ることができるだけでなく、断熱材の厚さを大幅に減らすこともできます。 さらに、ナノマイクロポーラス断熱材は優れた難燃性能を備えており、業界標準の「Aグレード」の耐火性に達しています。

最低の熱伝導率

ナノマイクロポーラス断熱材の熱伝導率が非常に低いため、優れた断熱性能と小さな空間占有率を実現しております。 ナノマイクロポーラス断熱材の特殊な構造と遮光剤の使用により、すべての熱伝達効果は(つまり熱伝導、熱対流、熱放射)大気圧下の物理的限界まで抑えられます。

具体的には、その非常に低い熱伝導率は次の3つの側面に起因します。1.シリカ粒子間の間隔は約10ナノメートルで、非常に小さいです。 シリカ粒子は単一の点でしか互いに接触できないため、熱伝導エネルギーが最小限に抑えられます。 2.乾式シリカに対して、非常に小さい細孔の間隔は空気分子の中に互いにエネルギーを伝達するために必要な最短距離よりも短いため、熱対流により伝達されるエネルギーは最小限に抑えられます。 3.遮光剤と赤外線遮断剤は熱放射を反射し、熱放射のエネルギーも最小化されます。

多用途、加工し易い

ユニコーンナノマイクロポーラス断熱材には、一般的な木工用工具または設備での加工が可能で、切断や穴あけなど作業もしやすいです。また、曲げ強度が高いため、複雑な設置環境での操作が便利で迅速です。

ナノマイクロポーラス断熱材は1100°C / 2012°Fまでの温度に耐えられ、多くのアプリケーションに適しています。 高温環境で使用の際、これらの断熱性能は他の断熱材を上回ります。 さらに、ナノポーラス断熱材の独特な利点は温度が上昇するとき、熱伝導率が非常にゆっくりと上がり、高温での収縮率が非常に低いことです。

従来の断熱材よりの利点

従来の断熱材と比べると、ナノマイクロポーラス断熱材は以下の利点があります。

  • スペース節約

    同じ断熱効果の下で、ナノマイクロポーラス断熱パネルはさらに薄くなります。

  • 熱損失がもっと低い

    同じ設置スペース要求の下で、熱損失はさらに低くなります。

  • 装置内部での応用空間がもっと広い

    同じ設置スペース要求と熱損失条件の下では、装置内に使用可能なスペースがさらに大きくなります。

特徴とアドバンテージ

特徴

  • 低い熱伝導率

  • 最高耐熱温度1100°C / 2012°F

  • 多種な性能、規格、タイプ

  • 多用途、加工しやすい、高強度

  • 無毒

アドバンテージ

  • スペース占有が少なく、システムメーカーに競争力がある「グリーン」製品を提供でき、エンドユーザーがエネルギーコストを下げるのに役に立ちこと。

  • 適用範囲が広い

  • 幅広い用途、設置しやすい、例え、高温断熱材、真空断熱パネル(VIP)コア材など

  • さまざまな厳しいアプリケーションとニーズに対応できる

  • 操作安全、健康に損害せず、リサイクル可能のこと

製品シリーズの概要

国内最高:ユニコーンマイクロポーラス断熱材

ユニコーンマイクロポーラス断熱材にはさまざまなサイズがあります。長さと幅は特定の範囲内で任意に選択でき、厚さは5〜50 mmで、多種なモデルが利用できます(標準ボード:1020 mm x 615 mm)。

当社の製品にはスロット付き断熱パネルとフレキシブル断熱パネルも含まれます。 これらの断熱パネルは曲げられるので、曲線形の物体や曲面に断熱を提供することができます。

お客様のニーズに応じてカスタマイズが可能です。そして、カスタマイズされた金型により、必要なサイズを正確に取得すると切削屑を最小限に抑えることができます。 大量注文の場合、カスタマイズされた金型を運用して生産すれば、著しい経済的メリットが得られます。

効率性・融通性:ユニコーンパイプ用のナノマイクロポーラス断熱パネル

ユニコーンのシェル技術により、ナノマイクロポーラス断熱材をパイプラインに使用できます。 この分野でお客様が直面する最大の課題は、各種直径のパイプにどのように断熱材を適合させるかです。ユニコーンのShell技術を活用すれば、この問題を簡単に克服できます。 ユニコーンは各種直径、厚さ及び最大1000mmまでの長さのシェル型断熱パネルの製造が可能ですから、お客様に最適なソリューションを提供できます。

卓越した性能:ユニコーンナノマイクロポーラス真空断熱材(VIP)用の芯材

ユニコーンのナノマイクロポーラス断熱芯材を使用するメーカー(真空断熱材の製造者)には、この芯材の典型的な特性による利点を得ることができます。

使用寿命が長い

真空断熱パネル(VIP)用のすべての芯材の中で、マイクロポーラス断熱芯材は最長寿命という絶対的な利点があります。シリカナノポーラス断熱芯材で作られた真空断熱パネル(VIP)は50年以上に使用可能です。

曲げ強度が高い

ユニコーンのマイクロポーラス断熱芯材は優れた曲げ強度を持っていますので、加工し易く、再加工による破損率も最小限に抑えられることです。

薄型軽量

ユニコーンのマイクロポーラス断熱芯材の厚さが様々で、最薄は4mmに達することになります。真空断熱パネル(VIP)メーカーにはさらに広い設計スペースを得られます。

カスタマイズが簡単

カスタマイズを通じて、お客様のニーズにより最適なソリューションを提供できるし、切断により製品の損傷や廃棄などを減らすこともできます。

優れた断熱性能

真空環境がなくなっても、ユニコーンのナノポーラス断熱芯材も優れた断熱性能を持ちます。その上、真空がなくなった後、この芯材の膨張は他の真空断熱芯材より非常に小さいことです。

無毒無害な材料

ナノポーラス断熱芯材は無毒無害であり、安全性の面で大きな利点があります。それはREACH規制を満たし、廃棄後の処理費用が非常に低く、作業中に人体の健康に無害です。

真空断熱パネル(VIP)の一般的な用途は、ゼロエネルギー住宅または自給式ビルの断熱です。それ以外に、新世代の冷凍設備やさまざまな冷蔵設置などのコールドチェーン物流業界でも広く使用されています。例えば、冷凍コンテナや冷凍トラック及び冷蔵室など。

選択多様化

被覆構造の使用により、ナノマイクロポーラス断熱パネルの使用に2つの利点が追加されます。まずは、ダストを大幅に削減することです。 次に、追加的な補強を提供したため、取り付け時に製品への損傷リスクを低減することです。

高温断熱パネルの被覆材料の中、POFシュリンクフィルム、アルミホイルフィルム、またはガラス繊維複合材を含まれ、どちらも使用可能です。

真空断熱パネル(VIP)の芯材は不織布で包んで密閉可能です。

お客様に最適な製品サイズを提供するために、当社が切断サービスを提供します。これにより、客先で効率的な使用が可能です。それとともに、客先で切断による損傷や廃棄を回避し、処理コストも削減できることです。

環境保護永続化

すべてのユニコーンの断熱材には、有機バインダーは含まれていません。 当社の製品成分には、シリカ(酸化ケイ素)、無機日焼け止め、高温耐性の無害繊維が含まれます。 これらの原材料は性能が安定し、寿命が長いし、腐敗せず、耐虫性があり、リサイクルしやすいです。